2008年12月22日

大豆サポニン

2008121054235_5.jpg大豆サポニンは豆乳ダイエットの際に、大事な働きをしてくれます。
大豆に含まれる渋みや苦味の原因となるもので、豆腐作りでは大豆サポニンが含まれると風味が落ちるため取り除かれています。
大豆や小豆をゆでた時に、私たちがアクとして捨てているものの中に大豆サポニンが含まれているのです。
しかし最近では大豆サポニンの様々の効用が注目されるようになっています。

大豆サポニンの働きは血中のコレステロールや中性脂肪を排除し、肝臓の機能を保護してくれます。
また脂肪の代謝を促進して、肥満予防に役立っているのです。
さらには消化器系からの脂肪の吸収も阻止してくれるとてもいい存在です。

つまりダイエットをしている人にとって、大豆サポニンを摂取すれば余分な脂肪や糖分を体内から排出してくれ、中性脂肪の低下が期待できます。
普段の食事に大豆を使った食品をたくさん取り入れましょう。
大豆や納豆、味噌をはじめ、豆乳にもたくさんの大豆サポニンが含まれるので、豆乳ダイエットも有効なダイエットになります。

大豆サポニンにはダイエットだけでなく他にもたくさんの効果が期待されるのです。
コレステロールなどを排除するため、血栓症や動脈硬化の予防にも有効と言われています。

他にも便秘解消や消化器系のがん予防にも効果あるとされています。
このように、細胞の突然変異を抑制するといった、すばらしい働きをしてくれるのです。
大豆サポニンはダイエットをしながら健康的な体を作るのに欠かせない成分になのです。



posted by はなこう at 14:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月08日

豆乳きな粉

2008111733019_4.jpg豆乳と同様、大豆からできているのがきな粉です。
豆乳ダイエットとして、このきな粉を取り入れることでカルシウムも豊富にとりいれることができます。

きな粉は大豆を炒って粉状にしたものです。大豆サポニンや大豆イソフラボンなど大豆成分を手軽に摂取することができます。
健康食品として色々なものに取り入れられています。
ダイエットとしては、朝食や間食代わりに飲むと良いでしょう。

ご飯と置き換えるのもよいですが、置き換える場合は一日一回までです。
置き換えない場合は、何回飲んでも良いですが、その分一回の食事を減らすように心がけましょう。

豆乳きな粉の作り方はカップ一杯の豆乳にきな粉を大さじ2いれます。そのままでも飲めますが、暖めても美味しく飲めます。
最近では豆乳きな粉というものが売っています。粉末豆乳にきな粉を混ぜたもので、牛乳に混ぜて飲むという簡単なものです。
牛乳に混ぜることで、豆乳の臭さも気にならず飲むことができます。

ただ、きな粉自体が甘くないためとても飲みにくいといわれています。
ダイエットのために飲むなら何も入れないほうがいいですが、飲めない場合は砂糖か蜂蜜を入れて甘さをプラスします。
また、きな粉は溶けにくいという難点もあるようです。

豆乳ダイエットだけでも、便秘に効果があるようですが、きな粉を入れることで効果が促進されます。
きな粉はお通じもよくなります。
ダイエットに便秘は大敵ですので、是非きな粉を取り入れていきましょう。



posted by はなこう at 17:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。