2008年10月14日

パイン豆乳ダイエット

2008092633652_2.jpg最近、注目を集め出したのがパイン豆乳ダイエット。
飲みにくい豆乳をいかに飲みやすくするかという点で、豆乳と様々なフルーツの組み合わせとなります。
その中でも、バナナと同様人気なのがパイナップルです。

なぜパイナップルと豆乳の組み合わせなのでしょう?

それは豆乳だけだと、たんぱく質から作られる大豆ペプチドが大きすぎて体内でうまく吸収されません。
この大豆ペプチドは腸に吸収されることで、基礎代謝があがり脂肪を燃焼してくれるのです。
より多くの大豆ペプチドを体内に吸収することで、ダイエットの効果を期待できるのです。
そこで登場するのがパイナップルです。
パイナップルのたんぱく質分解酵素が体内に吸収されやすい大豆ペプチドを作り出してくれるのです。
さらには悪玉コレステロールを減らしてくれるなど、ダイエット以外にもメリットがあります。

パイン豆乳は豆乳バナナよりも作り方が簡単です。
果汁100%のパイナップルジュースと豆乳を混ぜるだけで出来上がりです。
豆乳もパイナップルジュースも売っているので、簡単に手に入れる事ができます。
もちろん、すでに豆乳とパイナップルが混ざっているパイン豆乳を置いているお店もあります。
買って飲むだけなので、簡単に続ける事ができる豆乳ダイエットです。

パイナップルの飲みすぎに注意しましょう!体を冷やしてしまいますよ。
おやつや野菜代わりに1日3杯ぐらいを目安に飲みましょう。



posted by はなこう at 22:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月10日

ダイエットでバストアップ

200809185033_2.jpgダイエットをすると最初に胸から落ちてしまうという悩みを持っている女性は多いはずです。
胸は残して、お腹のお肉を落とすダイエットが女性は理想ですものね。

その理想のダイエットが豆乳ダイエットと言われています。
正確なデータはありませんが、豆乳ダイエットをしていると胸が大きくなったという人が中にはいるようです。
全ての人が必ずしもバストアップするわけではありませんが、可能性はあるみたいです。

その理由に豆乳ダイエットで摂取する大豆イソフラボンが女性ホルモンに似た働きをしてくれるから。
もともと女性ホルモンは若々しさを保つのに必要不可欠な存在です。
年齢とともに分泌量が減ってくるので、大豆イソフラボンの働きが大切になってきます。
豆乳を飲むことで肌にハリがでたり、肌荒れやシワの悩みから解放されたりとメリットがたくさんあります。
この大豆イソフラボンの働きこそが、バストアップにつながるのです。
女性ホルモンが活発になれば、バストアップも期待できます。また胸のハリなども出てきます。
この胸のハリが胸を大きくも見せてくれます。
実際には胸のサイズが変わらなくても、ハリがあるだけでだいぶ変わってきます。
ダイエットなのに胸を綺麗に見せてくれるのは嬉しいですね。

ただし、女性ホルモンと同じ働きをするということで、胸が大きくなるだけでなく、お尻にも脂肪がつきやすいです。
豆乳の効果を期待しすぎて、大量に摂取するのは良くないですよ。



posted by はなこう at 11:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月08日

牛乳と豆乳

200809184953_3.jpgいつも飲んでいる牛乳を豆乳に置き換えて、豆乳ダイエットを行っている人は沢山いるでしょう。
牛乳を飲む習慣がある人は、それを豆乳に変えるだけでいいので、とても楽なダイエットです。

牛乳に比べると豆乳のカロリーは3分の2程でして、脂質も低いためダイエットに適しています。
また、牛乳に含まれているコレステロールが豆乳にはほとんど含まれません。
ダイエットだけでなく、成人病の予防にもなります。

豆乳が苦手で飲むこ事が出来なくても、今まで料理に使っていた牛乳を豆乳に変えるのもお勧めです。
料理で豆乳を使えば、豆乳の独特な臭いもなくなり、栄養バランスもよくなります。
冬ならば豆乳鍋もいいですね。

今までコーヒーに牛乳を入れていたのを豆乳にしてみるなど、工夫次第で沢山の豆乳を摂取でき、ダイエットに繋がります。
最近では、コーヒーを売っているお店で、頼むと牛乳の変わりに豆乳を入れてくれる店が増えてきています。
家だけでなく、手軽に豆乳を摂取する事が出来るのです。

ダイエットの面から考えると豆乳を摂取するのがよいですが、牛乳にも沢山の栄養が含まれています。
牛乳は豆乳の10倍ほどのカルシウムを含んでいます。どちらかが体にいいと言うわけではありません。
お互いにカラダに必要な栄養素持っています。
豆乳ダイエットとして、牛乳の代わりに豆乳を飲んでいる場合は、不足しがちなカルシウムを乳製品などから補うようにしましょう。



posted by はなこう at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月05日

豆乳バナナ

豆乳ダイエットの中でも、バランスがいいと言われているのが豆乳バナナです。
この二つを組み合わせているで、お互いの成分を高め合ってくれ、有効なダイエットになります。
大豆にはたんぱく質やイソフラボン、バナナには食物繊維が沢山含まれています。
また、バナナは大豆に含まれるたんぱく質を分解し、代謝を促進してくれるのです。
より効果的にダイエットをすることが出来ます。

バナナはビタミンやミネラルが沢山含まれており、消化・吸収がいいのです。
また食物繊維を多く含んでいる為、便秘も解消してくれます。
甘くて美味しいバナナですが、カロリーは低く1本あたり80kcal程です。
こんなに低カロリーなのに、食べると満腹感を得られます。
豆乳バナナであれば、一食置き換えてもあまり空腹感を味合わないですみます。

豆乳ダイエットの嫌な点として、豆乳の臭いが嫌という人も多いですが、豆乳にバナナを入れる事で自然と臭いを抑える事ができます。
豆乳よりバナナの匂いが勝るので、飲みやすいです。

豆乳バナナは自宅でもミキサーさえあれば、簡単に作る事が出来ます。バナナと豆乳さえあればよいのです。
バナナが甘いため、砂糖を追加する必要もありません。
自分で作れて、美味しく飲めるのが魅力の一つですね。

ただ、豆乳もバナナも腸内の環境を整える働きがあり、過剰に飲み過ぎるとお腹を壊してしまう事があるので気を付けましょう。
一回にコップ一杯ぐらいでも十分です。


posted by はなこう at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月01日

クッキーでダイエット

200809184750_2.jpg豆乳ダイエットの中には、豆乳クッキーダイエットがあります。
豆乳の独特な臭いが苦手という人にはお勧めの豆乳ダイエットです。

このクッキーダイエットは一日のうち、一食をクッキーと置き換えるダイエットです。
一食あたりのカロリーが150kcal程で、普通の食事をするよりもかなりカロリーを抑える事が出来ます。
一番効果が表れやすいのは、夕食と置き換えた時です。もちろん、朝や昼でも効果は期待出来ます。

このダイエットの人気の秘密は、お菓子感覚で食べる事ができて、クッキーが美味しいというところでしょう。
ダイエットなのにお菓子などの甘いものが食べる事が出来ないという欠点をなくなったのは嬉しいですね。
販売している会社によって味やカロリーなどは異なってきますが、他のダイエット食品に比べ食べやすいのが特徴ですね。

食事がクッキーだけではお腹が満たされない気がしますよね。
しかしクッキーの中におからが入っているため、水と一緒に食べるとお腹の中でおからが膨れ、かなりの満腹感になります。
このダイエットではクッキーと一緒に水を飲む事が大切になります。

クッキーとはいえ、豆乳に入っている栄養や一食分に必要な他の栄養もきちんと含まれます。
なので偏りのないダイエットができます。

ただ、このダイエットの難点はお金がかかることですね。
普通に豆乳を飲むよりもお金がかかります。
続けることで、効果が期待できるダイエットなので、ある程度お金がかかる事は頭に入れておきましょう。



posted by はなこう at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月28日

豆乳ダイエットのデメリット

豆乳ダイエットは栄養バランスも優れ、女性ホルモン同じ働きをしてくれるなど、ダイエット面以外にも良い働き沢山してくれます。
健康を考えても、毎日とり続ける事は良いと言われており、デメリットのないダイエットとも言われています。

しかし、どんなに体に良い物であっても取り過ぎは禁物ですね。
取り過ぎによる悪影響が実際にどのようなものかはまだ明らかにはなっていませんが、とにかくバランスが大切です。
ダイエットに良いと言われているのは豆乳に含まれる大豆イソフラボンです。
一日に取ってもいいとされる上限量は70〜75mgといわれています。
最大でこの量なので、これより少ないぐらいがちょうどよいです。

取り過ぎると女性のホルモンバランスが崩れやすくなると言われ、月経周期が乱れる可能性があります。
豆乳は基本的にホルモンバランスを整えてくれますが、過剰摂取には気を付けましょう。

また女性ホルモンに影響を与えるものであるから、妊娠中の女性の過剰摂取は避けた方がよいと言われています。

豆乳ダイエットをする際の注意点として、大豆イソフラボンの摂取は一日の摂取量を守り、毎日摂取し続けるのがよいとしています。
豆乳に含まれる大豆イソフラボンでは過剰に摂取してしまうという事はないようですが、効果を期待して、大量に飲んでも効果は変わりません。
また沢山飲んだからと言って、急な変化は期待できません。毎日、時間をかけて続ける事が大切になってきます。

posted by はなこう at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月24日

豆乳ダイエットのメリット

200809185033_1.jpgダイエットと言えば、意外と栄養が偏りがちです。
炭水化物を抜いてみたり、サプリメントやジュースなどに頼ったダイエットをしてみたり、バランスが崩れがちです。
その点、豆乳ダイエットはバランスが良く、置き換えのダイエットをする必要もないので、体によいダイエットです。
もちろん、一食を豆乳に置き換えたダイエットであっても、栄養が不足する事がありません。

豆乳ダイエットの一番のメリットは簡単である事ですね。
食前に飲むだけでいいと言う手軽さで、誰でも続ける事が出来ます。食前に飲むことで、満腹感を与えてくれ自然と食べる量も減らしてくれます。
今までの食事も変える必要がないので、我慢をする必要もなく、手間も入りまえん。
ダイエットは我慢をすると、なかなか長くは続ける事は出来ないので、豆乳ダイエットはお勧めです。

また豆乳はスーパーやコンビニに売っており、いつでも手に入れる事が出来ます。
特別な準備をする必要もないので、人気のダイエットとなっています。
今では色んな味があり、飽きる事なく続ける事が出来るのもいいですね。

他にも豆乳ダイエットのメリットとして挙げられるのが、美容にも効果がある事です。
ダイエットをすると栄養が偏り、肌が荒れるなど、ダイエットをした事による美容面でのメリットは少ない場合があります。
豆乳の場合は、飲むだけでダイエットと美容の両方をカバーしてくれます。
ダイエットしていたつもりが、肌も綺麗になっているなんて最高ですね。


posted by はなこう at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月18日

豆乳ダイエットとは

豆乳ダイエットとは、食事の前に豆乳を飲むだけの簡単なダイエットです。
豆乳は大豆とほぼ同じ成分を含み、低カロリーなのにさまざまな栄養素を含んでいます。
豆腐などの固形よりも豆乳の方がより良く栄養分を吸収してくれます。

高タンパクでコレステロールの低い豆乳はダイエットに最適なんですね。
植物性のたんぱく質には脂肪を燃焼する働きがあり、腸内の余分な脂肪や糖質を吸収させない働きがあります。また善玉コレステロールを増やす働きもあるんです。
これは便秘防止によいとされ、体内に過剰な栄養が摂取されるのを防いでくれます。

さらに大豆に含まれるイソフラボンは女性ホルモンと同じ働きをしてくれるため、女性ホルモンのバランスを整え、肥満防止にも繋がります。
豆乳には基礎代謝を高める働きもあります。
その基礎代謝が上がれば、太りにくく、たくさん食べても脂肪がつきにくくしてくれます。

今の体重を減らす事ももちろん出来ますが、今以上に体重を増やすのを防いでくれます。
簡単に体重は落ちませんが、長く続ける事が大切です。豆乳を摂取するとやせやすい状態を作れるのです。
そして、豆乳ダイエットをするだけで、体の中から改善してくれます。

ちなみに豆乳を摂取するのは食前30分がいいと言われています。
空腹感を押さえ、食事の量も減ります。
豆乳ダイエットは無理な制限をする事なくダイエットが出来、自然の健康食品である為、カラダに優しいダイエットとして人気があります。



posted by はなこう at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。